メニュー閉じる

東京の月島、佃島の屋形船 佃折本 TSUKUDA ORIMOTO
  • ご予約・お問い合わせ 03-3531-2221 電話受付 10:00〜19:00

メニュー閉じる

東京の月島、佃島の屋形船 佃折本 TSUKUDA ORIMOTO
佃折本について

東京、月島・佃島の屋形船 「佃折本」について ABOUT

東京の銀座、築地から近く、アクセスがいい佃島・月島から乗船可能な屋形船「佃折本」。佃島と勝鬨橋に自社の乗船場があるという好条件で屋形船を営業できるのには、その歴史に理由があります。

アクセス、乗船場を
詳しく見る

佃折本の祖先は、家康が江戸に幕府を開いた際に、摂津の佃村から江戸に呼び寄せられた三十三人のうちの一人です。佃村の漁師が家康に呼び寄せられた縁は、1582年に遡ります。その年の本能寺の変が起きた時、家康はわずかな手勢で大坂堺にいました。明智軍による命の危険にさらされる家康は、本拠地の岡崎城へと戻ろうとしますが、神崎川まで来て川を渡る舟がなく進めなくなりました。そこに佃村の庄屋 孫右衛門と率いる漁民たちが現れ、彼らが家康らに漁船を提供、そのこともあり家康は生きて岡崎城に戻ることができました。

後に家康が江戸幕府を開いた時、江戸の人口増加の食糧供給に備えて、当時最新の漁業技術を持っていた佃村の漁師を江戸に呼び寄せたということです。徳川家に功績のあった佃村の漁民たちには特別の漁業権も与えられ、高価だった白魚の漁は独占していたということです。白魚は当時から献上箱に入れて徳川家に献上されていましたが、そのことは今もなお続いています。
佃島にある住吉神社は豊漁や航海の安全を願う海神信仰で、漁師たちが江戸に来た際に神社も佃島に持ち込まれました。

住吉神社例大祭で掲げられる大幟旗は高さ二十メートル以上もありますが、江戸城からも見えるようにその高さだそうで、徳川家と佃島の漁師の繋がりの深さがわかります。住吉神社は今、月島、勝どき、豊海、晴海の氏神として信仰されています。

江戸に来た漁民たちは浅瀬を埋め立て島を作、故郷にちなんだ佃島という名にしました。魚河岸という魚市場の仕組みも作りました。高度成長期以降、東京湾での漁が難しくなった頃からは、佃折本では釣り船、屋形船を営んでいますが、江戸の頃と同様に海と共にある生活が佃島で続いています。

佃の歴史とともにある「佃折本」だからできる、乗船前の佃島のガイドのプランや佃島発祥のつくだ煮のお土産などもご用意しています。

佃折本ならではの
スペシャルプラン
つくだ煮のおみやげ

佃折本の貸切の屋形船で、隅田川スカイツリーやお台場の夜景を楽しみませんか。屋形船 佃折本がいつもと違った東京観光を船上クルーズでご案内します。

周遊コースを見る
このページのトップへ